安全に楽しく山と向き合うという事《Fun trails FTR100》

半年もブログ更新をサボってしまいました…

また復活してコンスタントにブログ書きたいと思います。

さて週末(11/18土曜日)はFun trails FTR100に参加してきました。どう言う大会かと言うと、埼玉県秩父市をメイン会場として、秩父〜飯能の山々を100km走る大会です。

自身2度目の100kmトレイル挑戦でしたが、10月後半くらいから風邪を引いてしまい、ろくに走り込む事も出来ず、当日も咳をゴホゴホ、鼻水ズルズルで迎えてしまいました。そして、一つ目のエイドステーションまでは何とか行けたものの、そこから武甲山への登りでは全く力が入らずフラフラ…ジェルや食料で何とか回復したりしないかと頑張りましたが、二つ目のエイドステーションには見込みのタイムから2時間近く遅れて到着。残りの80kmを走りきるのは難しいと考えてそこでリタイアする事に決めました。

 f:id:masakisnow:20171120092837j:image

さて、ご存知の方も多いとは思いますが、大会は滑落で参加者が亡くなると言う痛ましい事故により午後2時頃中止となりました。

亡くなられた方は日本でも有数の山岳レースであるハセツネも完走されている方とのことで、決して初心者や経験不足では無かったはずです。しかし、詳しい原因はこれから解明されるでしょうが、山の大会では一瞬の気の緩みや、不調などにより命を落としてしまうとても厳しいものだと改めて感じました。

 

自分がもし自身の力や今の体調を過信して、二つ目のエイドステーションで止めずにまだレースを続けていたら、もしかしたら滑落や遭難していたかもしれません。

そして、そこは簡単に救助もできず、もちろん救急車も近くまでくることもできない場所かもしれません。当日の天気は曇りで気温もかなり低かったことから、動けなくなった場合には低体温症などになることもあります。リタイアすることへの後ろめたさや、かっこ悪さはありますが自分の判断は間違ったものではなかったと思っています。むしろそんな理由で走り続けてもなんの今もありません。

 

昨年ASICSのBEAT THE SUNにアジア代表としてモンブランへ行った際、まだその時はトレイルランを始めてわずか2ヶ月でそんな山への行ってしまったのですが、私が走ったコースは標高1500mから2600mの峠を越え、また逆側へ1000m下るコースでした。標高2000m辺りからは一面雪で、気温も低く、霙まじりの雨と風が強く吹き付ける中、走り終わった後は低体温症で2時間近く震えが止まりませんでした。

 

そんな経験からも装備は十分すぎるほど持った方が良いと常々感じており、いつもザックはパンパンです。

トレイルランニングは名前にはランニングとつきますが、道路を走るランニングとは似て非なるスポーツです。このスポーツを楽しむ私たちは常に安全を考え、そして自分を過信せず、自然を侮ることなく、山と向き合わなければならないと改めて感じました。

 

今回FTR100にて亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

トレイルランニング仲間の皆さんも安全第一で今後も楽しみましょうね!

 

それでは。

検証!阿蘇ラウンドトレイル

大会が終わって、早いもので3週間が経ちました。

初の100㎞トレイルを走ってみてどうだったのかを、レース前に作ったタイムシートと実績を比べながら、レース中に何が起こっていたのかを今後のためにも振り返ってみたいと思います。

f:id:masakisnow:20170517083937j:plain

まずはトータルタイム。

かなり遅めで24時間30分を設定したつもりでしたが、実際には26時間54分。

設定-実績=2時間24分

どうして2時間30分の誤差が生じたのかを各セクションごとに振り返ってみます。

f:id:masakisnow:20170602161509p:plain

f:id:masakisnow:20170517183252j:plain

【Start~WS】

このセクションの誤差は5分オーバー。まあ、これは範囲内の誤差ですね。

【WS~AS1(はな阿蘇美)】

ここでの15分のインプルーブは5.2kmを慎重に見すぎていたのかもしれません。それにWSでのロスタイムは実際は5分ほど。まあ、でも誤差の範囲内ですね。

【AS1~AS2(一の宮公民館)】

このセクションははな阿蘇美から大観峰を登るセクションなのですが、はな阿蘇美では妻の家族が応援に駆け付けてくれており、実は15分休憩の想定のところを30分近くいたのが原因。まあ、長い道中なのでせっかく応援に駆け付けてくれた家族とゆっくりしすぎました・・・でもしっかり登って、しっかり走ったのでほぼ想定通り。

【AS2~AS3(すずらん公園休憩所)】

レース中盤に差し掛かるこのセクション。一の宮公民館から最初は登りがあるものの、その後はほぼフラットのセクションで10分オーバーは誤差の範囲。

【AS3~AS4(高森町町民体育館)】

後半戦が始まるこのセクションは50㎞を過ぎたものの10分のインプルーブで走り切りました。というのも、すずらん公園では会社の同僚が応援に駆け付けてくれ、設定していた休憩時間30分をオーバーして40分ほど休憩したので、しっかり補給もでき、落ち着いて後半戦に臨むことができたから、しっかりと走れたのではないかと思っています。何にせよ、こんな山奥まで応援に駆け付けてくれた同僚に感謝!!
【AS4~AS5(高森峠)】

高森町町民体育館からはナイトセクション。ここからは明るいうちと同じようには走れないと思っていたので、設定ペースもかなり低くしたのですが、この9.4kmが最難関なんじゃないかと言うくらいキツイ区間でした。3時間設定のところ3時間30分。ほぼ歩きだったし、目の前に泥の壁が現れた時には「もう100㎞なんて絶対エントリーしたくない!」と思いながら、泥にまみれながら壁を登りました。

【AS5~AS6(清水峠)】

この辺から股ズレが痛くなって気になり始めました。

でも清水峠到着時のトータルタイムは設定と誤差1分!80㎞を過ぎてもほぼ設定通りで、まだ24時間30分の目標は達成できる範囲でした。

【AS6~AS7(地蔵峠)】

登り基調のこのセクション。細かいピークをいくつも越え、感覚的にはひたすら登らされている感じ。設定のラップも3時間50分予定が4時間36分と46分オーバー。

この辺からはもう未知の距離でもあったし、疲れと眠気との戦いでした。

【AS7~FINISH】

前のセクションで大きくペースを落とし、目標へ赤信号が点滅。そしてラストは俵山のピークハント。俵山に辿り着くまでにも3つのピークを越え、しかもその下りはどれも泥んこ滑り台。そう、ここの設定タイムが1時間以上オーバーしたのは、その走って下ることのできない、泥んこ滑り台が一番の原因。そして、俵山を越えてから一気に700m駆け降りる下りでは、もう下れる足が残っていませんでした。

f:id:masakisnow:20170522090334j:plain

ということで、総括してみると80㎞までは、ほぼ想定通り。でも残りの約30㎞は未知の世界だったことから、予想よりもペースが落ちてしまいました。

さて、次戦はFunTrails FTR100!(もしかしたら信越五岳)

この経験を生かして、次のレースはもう少し攻めのレースができればと思います。

 

Instagram

栄光のゴールまで 阿蘇ラウンドトレイル vol.3

f:id:masakisnow:20170519090947j:image

絶景と共に駆け抜けた前半戦、ここまでは急登もあるものの走れるコースだった。

 

おおよそコースの半分の地点にある、すずらん公園休憩所(50.7km地点)に到着したのはレースから9時間ほど経った午後4時過ぎ。ここでは会社の九州のメンバーが応援に駆けつけてくれていた。(写真撮り忘れた…涙)

f:id:masakisnow:20170519091436j:image

それもあってここでは少し長めに休憩。

波野そばも美味しかった!

エイドを出たのは16:40過ぎ。(30分近くエイドにいた…)

いよいよ後半戦。この次はデポのある66.6km地点の高森町町民体育館を目指す。

このくらいの距離になってくると、エイドとエイドの間が16km近くあるのがとても長く感じてくる。

でも、そんな気持ちも目の前に広がる景色が忘れさせてくれるのがこの大会の素晴らしさ!

f:id:masakisnow:20170519091923j:image

f:id:masakisnow:20170519091944j:image

f:id:masakisnow:20170519092007j:image

思わずこの景色には足を止め、妻と娘に景色を見せようとFaceTimeなんかをしてしまった。

f:id:masakisnow:20170519092106j:image

60kmを過ぎたくらいで陽も沈み始めてきた。

高森の体育館へは暗くなるまでには着きたいと、ここは頑張って走った。

f:id:masakisnow:20170519092232j:image

どこまでも広く、蒼く、長閑な阿蘇の景色。

f:id:masakisnow:20170519092314j:image

少しずつ暗くなって行く中で先を目指す。

f:id:masakisnow:20170519092445j:image

高森町町民体育館に着いた時には19時を回っていたが、さすが九州!まだ明るくてホッとした。

 

デポでは着替えをし、後半戦の食料をザックに補充し、ヘッドライトを準備。高森町町民体育館を出る頃にはあたりはすっかり暗くなり、ここから始まるナイトトレイルにワクワクしつつも、大会を通して朝まで走るのは初めての経験なのでかなりの不安もあった。

町民体育館から次のエイドのある高森峠までは9.4kmしかいのだが、ここが最難関のセクションだった。夜になりペースが落ちることは想定はしていたが、ここのセクションはほぼ歩きになってしまった。途中、壁のような急登があり、かつ前日の雨でトレイルはぬかるみ、コース脇の藁を必死になって掴みながらでないと、登ることができないほどだった。結果10km満たない距離に3時間半を要してしまった。

f:id:masakisnow:20170519093716j:image

高森峠に着いたのは夜の23時過ぎ。

f:id:masakisnow:20170519093834j:image

くまモンに癒された!

高森峠を出ると、残りは約30km。しかし、ここからも細かいアップダウンの連続での上り基調。感覚的にはずーっと登らされてるイメージ。

時計も12時を過ぎ日付が変わるとあたりは霧に包まれ、気温もグッと下がりました。

f:id:masakisnow:20170522084838j:image

第6エイドの清水峠を過ぎると、時間は深夜2時過ぎ。真っ暗闇の中、疲れと眠気で朦朧としてきます。明け方4時過ぎ。空が白み始めた頃、僕は自分の照らしているライトの影が動物に見え、ハッとして、これはもう寝ないと前に進めないと思い、携帯のアラームを5分後にセットし、倒れこむようにコース脇の茂みに寝転がりました。次の瞬間には携帯のアラームがなっていて、ほんの数秒に感じられました…

が、これでかなりスッキリ!残りはあと20kmもないので、頑張ろうとまた走り始めました!

 

そして、最終エイドの地蔵峠に到着!あと残すは10km!気合を入れ直してラストスパート!

f:id:masakisnow:20170522085551j:image

が、最後の最後が一番キツイ!!

ラスボスの俵山。距離はすでに100kmを超えていて、その先にこのコース一番の急登が待っています。その俵山に着くまでにも山を3つほど越え…

しかも下りはドロドロで、滑り台状態。

f:id:masakisnow:20170522085821j:image

そして、俵山頂上!

f:id:masakisnow:20170522090033j:image

写真は後半の道中を長く一緒に走った、地元熊本のランナーさん。

あとは下るだけー!が、ラストの下りもキツくてなかなか下れない…

f:id:masakisnow:20170522090152j:image

この山の下にゴールが!!

f:id:masakisnow:20170522090244j:image

そしてゴール!!!

ついに108.7kmを走り切りました!

f:id:masakisnow:20170522090334j:image

いやー、長かった!

24時間30分でのゴールを目標にしていましたが、結果は26時間54分。反省するところは多々ありますが、ただただ完走できて良かった!

 

道中はひたすらこの大会にエントリーした事を後悔しながら、もうら100kmなんて絶対走らないと思い続けていたのが、ゴールをしてみるとなんだかすべて良い思い出に昇華されている…

 

これでトレイルランナーとしての階段をまた一つ上がれたような気がします。

さて、秋はどこのレースに出ようかな〜。

 

番外編につづく

 

 

 

絶景!阿蘇ラウンドトレイル vol.2

無事に前日受付を終え、早々に就寝をした5/12(金)でしたが、レース当日は4:30起床で始まりました。

 

ここで阿蘇ラウンドトレイルの概要を説明しておきます。

距離108.7km 累積標高(+)6000mトレイル率 約80%

最高地点 1226m 最低地点 299

阿蘇西小学校をスタートし、阿蘇山カルデラ外輪山をグルリと約1周して俵山交流館 萌の里でゴールをする108.7kmの旅となります。

f:id:masakisnow:20170517183242j:image

f:id:masakisnow:20170517183252j:image

高低差図では前半のアップダウンを乗り切れば、後半はイージーなんじゃないかという感じですが、それは大間違いだということをコース後半では思い知らされることに…

 

朝6:00過ぎには会場に到着し、7:00のスタートを待ちます。心配していた雨も止み、暑くなる予感!

f:id:masakisnow:20170517183707j:image

f:id:masakisnow:20170517183730j:image

f:id:masakisnow:20170517183757j:image

スタート前にいろんな方々と記念撮影!

f:id:masakisnow:20170517183620j:image

そして、いよいよ長い長い旅がスタート!

f:id:masakisnow:20170517184031j:image

スタートしてしばらくはロード。キロ6分くらいのペースで落ち着いて入ります。

f:id:masakisnow:20170517184123j:image

その後はいよいよ登山道なのですが、まずは石畳が続きます。

f:id:masakisnow:20170517184211j:image

雨で濡れた石畳はやっかい…

f:id:masakisnow:20170517184322j:image

石畳の登りを抜けると、ここから阿蘇の雄大な景色を味わえる牧野を走ることになります。

f:id:masakisnow:20170517184427j:image

この景色は阿蘇だから見ることのできる景色ですね。本当に絶景!

f:id:masakisnow:20170517184542j:image

道中、地震の影響で崩壊したであろう登山道をいくつも通りました。

最初のウォーターステーションまでは18.7km。この頃には陽もかなり高くなり、気温が上昇してきました。

f:id:masakisnow:20170517184849j:image

ウォーターステーションを過ぎると、次は1つ目のエイドステーションのはな阿蘇美に到着。

ここでは妻のお母さん、叔父さん、叔母さん、従姉妹が応援に駆けつけてくれて、私設エイドを展開してくれました!そう、義母は南阿蘇の生まれで、親戚もみんな南阿蘇と言う、なんだかホームを走ってる感じがしました。

f:id:masakisnow:20170518083350j:image

 

このエイドを過ぎるといよいよコースは大観峰を目指します。

f:id:masakisnow:20170518083517j:image

f:id:masakisnow:20170518083540j:image

f:id:masakisnow:20170518083604j:image

待ち構えていたのは大観峰を一気に登る急登。

そして…

f:id:masakisnow:20170518083929j:image

目の前に広がるカルデラ阿蘇五岳の絶景!!

観光で来て見た時も感動しましたが、下から自分の脚で登ってきて見た景色は、また格別!

f:id:masakisnow:20170518084142j:image

ここからしばらくは気持ちの良い牧野をひた走ります。

f:id:masakisnow:20170518084423j:image

しばらく行くと、2つ目のエイドステーション古城6区公民館に到着。この頃には気温はかなり高くなっていて、エイドにあるホースで水を頭から被り冷却。

f:id:masakisnow:20170518084638j:image

義母にもらったかしわ飯のおにぎりが美味しかった!!

休憩もほどほどにしてエイドを出発。ここまでほぼ自分の予定したタイムシート通り。

何と言っても牧野を走るのが気持ち良い!

f:id:masakisnow:20170518085007j:image

f:id:masakisnow:20170518085026j:image

f:id:masakisnow:20170518085054j:image

阿蘇の雄大な自然を感じながらコースは後半戦へと続いていきます。

 

vol.3へつづく

 

 

100kmトレイル初挑戦!阿蘇ラウンドトレイル vol.1

昨年のRUN+TRAILで阿蘇ラウンドトレイルの記事を読んだ僕はその雄大さに必ずこの大会には出て見たい!と漠然と思っていました。

f:id:masakisnow:20170517082430j:image

その後、熊本阿蘇は震災に見舞われ、多くの方々が被災、阿蘇の観光名所でもある阿蘇神社は倒壊、北阿蘇と南阿蘇をつなぐ生活のために必要な道路である阿蘇大橋も崩落などなど、甚大な被害を受けました。

 

今年の目標として100kmトレイルに出て見たいと言う気持ちはあったのですが、どの大会とは決めていなかったところ、2月(?)に阿蘇ラウンドトレイルの開催が発表され、迷うことなくエントリーをしました。

 

佐賀での出張を終えた僕は5/11(木)は博多に滞在し、5/12(金)の受付にはJR博多駅から熊本駅熊本駅からは空港シャトルで熊本空港へ移動し、そこから大会専用シャトルバスで会場となる阿蘇体育館へ向かいました。

博多を出た時は小雨だったのが、阿蘇に着いた頃には土砂降り…スタートとなる翌日の昼前まで雨が続く予報となっていました。

f:id:masakisnow:20170517082618j:image

受付ではまず装備チェック。必携品と口蹄疫対策として、シューズの裏を洗っているかどうかのチェックもありました。

その後はブリーフィングでコース説明などを受けました。

f:id:masakisnow:20170517082901j:image

ブリーフィング後、軽食が出たウェルカムパーティーもありました。

f:id:masakisnow:20170517083937j:image

f:id:masakisnow:20170517083053j:image

そのあとは宿泊先のある内牧温泉でラーメンでカーボローディング!

早々に宿に帰り、翌日の準備に取りかかりました。

f:id:masakisnow:20170517083213j:image

ウェア、補給食、水、ライト、デポに預けるものなど入念にチェックして準備。

翌日は朝4:45に目覚ましをセットし、22:00過ぎには就寝をしました。

 

vol.2に続く

 

Instagram

やっぱり東京マラソンは最高だった!後編

さて、なんとかスタートブロックにたどり着き、スタートを迎えた東京マラソン

 

今回はCブロックからのスタート。

スタートラインを切るまでの所要時間は3〜4分ほどでした。コースは都庁前をスタートし、西新宿を抜けると新宿駅大ガード下をくぐり、歌舞伎町前を駆け抜け、靖国通りを下っていきます。

曙橋の3kmを過ぎると、今日の応援団の1発目!

妻、娘、両親、妻の妹夫妻が待ち受けてくれていました!

f:id:masakisnow:20170301084855j:image

今回の応援の為に妻の妹が作ってくれた特製うちわでの応援!

無事に会うことができリラックスしてペースを刻みます。今回の目標はサブ3.5。イーブンペースで4分58秒で42.195kmを走る予定です。

下りのこのセクションは4分40秒くらいで走っていたのですが、序盤から余裕は少しもありませんでした。

f:id:masakisnow:20170301085224j:image

その後、順調に神田ではRUNARXの応援団、大手町ではathletics tokyoメンバーの応援、そしてフイナム ランニングクラブ♡メンバーの応援をしっかりと受けてレースは進みます。

f:id:masakisnow:20170301085345j:image

なかなか調子の良さも感じられずレースは中盤に差し掛かると、新コースは蔵前の交差点から清澄白河門前仲町でハーフを迎えます。

 

この頃には集中力が切れはじめ、2分ほど前を走っていたつもりが、いつの間にかサブ3.5のペーサーに抜かれてしまいました。

コースは日本橋を抜け、銀座の和光ビルを曲がると30km地点。あと12km!

と、ここで大阪国際女子マラソン明けのATメンバーカトさんに背中をポンと押される…

カトさんは今日は楽しんで走るということで、一旦は浅草で泣いたのですが、また抜き返され…ようするにペースが徐々に落ち始めていたという事。

f:id:masakisnow:20170306090909j:image

カトさんに引っ張ってもらい、なんとか品川の折り返し…

f:id:masakisnow:20170306090942j:image

頑張ってるつもりだけどペースは上がらない…

f:id:masakisnow:20170306091034j:image

フイナムRCのメンバーの応援にも、もうヘロヘロ…

f:id:masakisnow:20170306091201j:image

丸の内へ戻って来て、3時間30分までもうあとわずか…最後の力を振り絞って走る、走る、走る!

f:id:masakisnow:20170306091252j:image

最後のゴール前は足が千切れてもいいやと思うくらいダッシュ!

 

そして…

f:id:masakisnow:20170306091336j:image

ゴール!!!!

タイムは?

タイムは??

ランナーズアップデートを見るカトさん…

あーーーーーーー

3:30:01

なんてこった…

3時間30分まであと1秒、サブ3.5まで正確にはあと2秒。。

f:id:masakisnow:20170306091723j:image

頑張ってたつもりのラスト2kmもキロ5,30かかっているという失速っぷり。。

しかしながら2015年の横浜マラソンでの3:35:57を5分56秒更新するPBではありました。

終わって見るとアッという間の東京マラソンでした。

そしてメダルとタオルを貰い、着替えをして家族と合流!

f:id:masakisnow:20170306091957j:image

フルマラソンで断裂した筋繊維を焼肉で修復!

f:id:masakisnow:20170306092032j:image

こんなサプライズまで頂き、叙々苑さんありがとうございました!

f:id:masakisnow:20170306092107j:image

全国各地のマラソン大会を走って来ましたが、やっぱり東京マラソンは最高ですね!

また来年も走りたい!!!!

 

やっぱり東京マラソンは最高だった!前編

初マラソンだった2008年以来、8年振りの当選で東京マラソンを走ってきました!

f:id:masakisnow:20170228090107j:image

目標タイムはサブ3.5!つまり3時間30分切り。

PBは2015年の横浜マラソンでの3時間35分57秒だったので6分を縮める感じ。(ちなみに横浜マラソンはコースが短かったとミソがつくことに…)

 

東京マラソンは11回目の今回からコースが変更になり、これまで35km以降のキツイ佃大橋が無くなり清澄白河門前仲町を経由し、東京駅前でゴールすると言うなんとも魅力的なコース!

しかも前半10kmはゆるやかな下りで、以降はほぼフラットと高速コースに。

f:id:masakisnow:20170228090652j:image

当日の朝は4:30に起きて、自宅近くの松屋でガッツリ朝ごはんを食べました。

https://www.instagram.com/p/BQ7-oflA3ep/

tomorrow!!#TOKYOMARATHON 2017.いよいよ、明日は東京マラソン!9:10 STARTベスト更新を目指して頑張ります!!目標sub3.5🏃.#東京マラソン#athleticstokyo #runarxrunningcompany #ルナークス #日本 #japan #runjapan #runtokyo #trailrunning #trailrun #trailrunner #nike #oakley #neutralworks #thenorthface #トレイルランニング #トレイルラン #トレイルランナー #run #runner #running #ラン #ランニング #ランナー #走るひと #igランナーズ #アミノバイタル #aminovital

7:00過ぎに新宿駅に到着し、地元川口のRUNARXのメンバーと待ち合わせをし、スタート会場の都庁前へ。

f:id:masakisnow:20170228091017j:image

スタート会場の都庁前はスタートブロックによって入場ゲートが決められており、2020東京オリンピックを想定してか、スタートエリアへの入場チェックがありました。

f:id:masakisnow:20170228091152j:image

EXPOで手首に巻いたシールは機械で入場チェック。

f:id:masakisnow:20170228091246j:image

空港のようなゲートと手荷物チェックを受けてようやく入場完了!

f:id:masakisnow:20170228091440j:image

f:id:masakisnow:20170228091755j:image

f:id:masakisnow:20170228091820j:image

多くの友人、知人に会えるのも東京マラソンの魅力の一つですよね。

そんなこんなで、手荷物を預け…スタートの整列の前にトイレへ…

しかし長蛇の列!!スタートブロックの締切まであと10分。締め切られると自分のブロックからはスタートできず、最後尾に回されるんです。

ヤバい、ヤバい、ヤバイよ〜

と、なんとか2分前にトイレを済ませて指定のCブロックへ。(Cブロックのほぼ最後尾)

f:id:masakisnow:20170228092155j:image

そこでも偶然にRUNARXのメンバーと遭遇!

f:id:masakisnow:20170228092253j:image

もうすぐスタート!!

ワクワク!!!

 

小池百合子東京都知事によるスタートの号砲で東京マラソンがスタートするのでありました!

 

後半に続く