読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKE ZOOM AIR STRUCTURE 18

f:id:masakisnow:20141011152310j:plain
今月(10月)発売された、NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 18です。
発売前からちょっと気になっていました。
 
で、早速走りました!
走り始めてすぐの印象は【安定感がある】でした。
それもそのはず、その安定感は硬度が異なる3種類のパーツからなるミッドソール【ダイナミックサポートシステム】にありました。
f:id:masakisnow:20141011162454j:plain
踵外側部分の白い素材は柔らかく、衝撃を吸収、内側にかけての黒い素材はやや硬めの素材を使用することにより着地の安定感をもたらしてくれます。
f:id:masakisnow:20141011163058j:plain
そして、踵内側のピンクの素材は一番硬めの素材が使用されており、足の内側への倒れこみ(オーバープロネーション)を抑制してくれます。
 
6min/kmくらいから4min/kmを切るスピードでも、どのペースでも安定感のある走りができます。
 
アッパーの両サイドには異なるフライワイヤーが配されていて、シューズの中で足が動くのをガッチリサポートしてくれます。
f:id:masakisnow:20141011163538j:plain
でも、紐を締めすぎるとなかなかなキツさなので、走りながら何度か紐の締め具合を調節しました。
 
前足部にはZOOM AIRユニットが搭載されていて、その反発力が着地から蹴り出しまでをサポートしてくれます。
 
先日ご紹介しました、ZOOM ELITE7と比べると、シューズ自体の重さはあり、やや推進力は劣りますが、どのレベルの走力でも対応してくれる安定感があると思います。
 
あと3週間後に迫った湘南国際マラソンですが、どのシューズで臨もうか迷い始めております。。