読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GUAM KO'KO' HALF MARATHON and EKIDEN RELAY

先週10/19(日)に開催された【GUAM KO'KO' HALF MARATHON and EKIDEN RELAY】のEKIDEN RELAYの部に参加してきました。

自身としては2年ぶり3回目の出場。チームとしては2011年から4年連続の出場です。
f:id:masakisnow:20141022165546j:plain
team ATHLETICS TOKYO(会場へ出発前のホテルロビーにて)※左から1区僕、2区フジイさん、3区ミナイさん、4区マッキーさん

レースは朝の5時にハーフマラソンの部がスタートし、駅伝の部は5時15分のスタート。僕はチームの大事な第1区を任されました!
f:id:masakisnow:20141022165747j:plain
スタート前にパシャり!
f:id:masakisnow:20141022165812j:plain
海外レース独特のスタート前の盛り上がりがあります。緊張と興奮でテンションが上がります!!

コースはガバナージョセフフローレスメモリアルパーク(イパオビーチパーク)をスタート&ゴール地点として、ハーフマラソンのコース約2.5km地点を折り返すコース。
f:id:masakisnow:20141022170144j:plain
駅伝は1人約5kmと距離は短いものの、平坦な場所がないアップダウンの激しいジェットコースターの様なコースを全力で駆け抜けるタフなコースでした。

そして、スタート!
f:id:masakisnow:20141022170408j:plain
スタートから全力です。
スタート会場からPIC前を右折すると、そこからK martのある交差点までが鬼のような登り坂です。
僕はスタート後、自分のペースを保ちつつも周りの選手と抜きつ抜かれつの感じで10番前後を走行。
K martまで登り切ると、再び右折しそこからもアップダウンの繰り返し。歯を食いしばりながら走り、折り返しまで直線を走ります。
ここで大変だったのが、給水カップがかなり浅めのカップだった為、走りながら取ると9割は溢れてしまい、ほぼ飲めなかったということ。
グアム特有の湿気と暑さで喉が乾く中を更に走り折り返しへ。

折り返してもアップダウン。。
ここで、ジャージースボンの人に抜かれる…悔しいと思いながらもズルズルと離され、一時は50mほど引き離される。

再びK martの交差点を曲がり、一気に急坂を駆け下ります。
ここでジャージースボンには負けたくないと一気に差を詰め、タスキ交代エリア前で一気に挿す!!そして、タスキを第2区のフジイさんへ託しました。
手元のタイムは22分10秒。(1区全体9位)
汗がシャワーでも浴びたのかと言うくらいに全身から吹き出していました。

今回、我らがATHLETICS TOKYOは2チームで参加。なんともう1チームの第1区のN君は全体3位(19分台)でタスキを交代していました!

レースはフジイさんも22分台で戻ってきて、第3区のミナイさんへ。ミナイさんもノンビリ走るよ!との話とは裏腹に23分の好タイムでアンカーのマッキーさんへ。
f:id:masakisnow:20141022172258j:plain
(レース途中に朝日が昇ってきます)

アンカーの時点ではもう1チームのATHLETICS TOKYOが30秒ほど前を走っていて、アンカー対決に。

そして、、、
先に帰ってきたのはマッキーさん!!!
その30秒後くらいにもう1チームのアンカーカトさん。

チームは全体5位、6位(全199チーム中)、僕らのチームはメンズ部門2位、もう1チームは男女混成部門1位と素晴らしい成績を収めることができました!
f:id:masakisnow:20141022172121j:plain
レース後はみんな笑顔でいいね!
その後は会場に用意された軽食をみんなで食べてマッタリ。
でも、なんか長いようでまだ朝の7時!
f:id:masakisnow:20141022172359j:plain
9時にはホテルに戻りホテルのプールへドボン!最高に気持ちの良い瞬間です。

コースはタフだけど、この全てがチームとして4年連続で出場してるだけあって、素敵な大会だなって実感しました。駅伝って、タスキを繋ぐから自分一人ではないみんなの思いがチカラになるなーって思います。

2泊3日の今回のグアム旅、駅伝以外にも内容盛りだくさんだったので、番外編として、またブログでご紹介したいと思います。

それでは!