デザインは誰のモノ?

f:id:masakisnow:20150903002445j:image
2020年東京オリンピックのロゴが白紙撤回されました。
私は職業はデザイナーではありませんが、長年広告制作、デザインの現場に身を置く営業として、今回の件は決して対岸の火事ではないと感じています。

あのロゴが良いか悪いか、好きか嫌いかは様々意見があると思いますし、あって当たり前だと思います。一部佐野氏の個人批判や誹謗中傷など日本人としてとても悲しい部分はありますが、このブログのタイトルに書きました「デザインは誰のモノ?」の通り、これまでの佐野氏の説明などには決定的に欠けているものがあるのではないかと感じました。

普段私たちはクライアント(広告主)からお金を頂いて広告物のデザインなどをします。もちろんそこには作り手の考えやクライアントの意見、希望などが反映されます。では、今回ロゴデザインのクライアントは誰だったのか?もちろん、コンペを勝ち抜き最終的な発注をオリンピック組織委員会から受けたのかもしれませんが、オリンピック組織委員会は決してクライアントではないと私は考えます。クライアントのいち団体ではあるかもしれませんが、オリンピックのような国民的行事ですから、私は国民みんながクライアントなのだと思っています。開催に関わる費用は国民の税金から捻出されるわけです。佐野氏はこのクライアントである国民への説明を怠ったのだと思います。広告制作の現場でクライアントの納得がいかないものが世の中に出ることはありません。もちろん佐野氏だけの責任ではなくオリンピック組織委員会にも多分に責任があるわけです。
一部悲しいかな組織委員会の方が一般国民には理解できないなどと言っていますが、これこそデザインひいてはオリンピックは誰のモノなのかを勘違いしている発言に他ならないのではないでしょうか。

多くの賛同なくしてオリンピックの成功はあり得ません。たぶん自分が生きているうちで日本でオリンピックが見られるのは最後になると思いますが2020年にみんなが笑顔でオリンピックを迎え、開催できることを切に願うばかりです。

駄文にて読み辛いところもあったかと思いますが、ひとつの意見として読んで頂けましたら幸いです。