adidas ultra boost でレースに臨むなら

f:id:masakisnow:20151130214743j:image
8月の後半に購入したadidasのultra boostですが、ランニングではまだ4〜5回(50〜60km程度)しか使用していません。

通常、ランニングのアウトソールは500kmが寿命と言われています。(複数のシューズを履き回しすればもう少し長いかもしれません)
でもultra boostはかなり短いかもしれません。
f:id:masakisnow:20151130215749j:image
f:id:masakisnow:20151130215814j:image
それはこのアウトソールのイボイボの減りがかなり早いことにあります。
f:id:masakisnow:20151130215907j:image
私の走り方は踵の外側から着地して、内側に体重が乗り、中足部、つま先での蹴り出しとなるのですが、この着地部分の踵外側のソールの減りが異常に早いのです。
f:id:masakisnow:20151130220123j:image
横から見てもこの薄さですから、減りも顕著にわかります。

現在はNIKEを4足、PUMA1足とこのultra boostの6足を履き回していますが、ultra boostはレースのみの使用にしようかと思っています。

ultra boostユーザーの皆さん、大事なレースの時に肝心なアウトソールがツルツルだったなんてことのないように、日々チェックしてみてくださいね。