読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶景!阿蘇ラウンドトレイル vol.2

無事に前日受付を終え、早々に就寝をした5/12(金)でしたが、レース当日は4:30起床で始まりました。

 

ここで阿蘇ラウンドトレイルの概要を説明しておきます。

距離108.7km 累積標高(+)6000mトレイル率 約80%

最高地点 1226m 最低地点 299

阿蘇西小学校をスタートし、阿蘇山カルデラ外輪山をグルリと約1周して俵山交流館 萌の里でゴールをする108.7kmの旅となります。

f:id:masakisnow:20170517183242j:image

f:id:masakisnow:20170517183252j:image

高低差図では前半のアップダウンを乗り切れば、後半はイージーなんじゃないかという感じですが、それは大間違いだということをコース後半では思い知らされることに…

 

朝6:00過ぎには会場に到着し、7:00のスタートを待ちます。心配していた雨も止み、暑くなる予感!

f:id:masakisnow:20170517183707j:image

f:id:masakisnow:20170517183730j:image

f:id:masakisnow:20170517183757j:image

スタート前にいろんな方々と記念撮影!

f:id:masakisnow:20170517183620j:image

そして、いよいよ長い長い旅がスタート!

f:id:masakisnow:20170517184031j:image

スタートしてしばらくはロード。キロ6分くらいのペースで落ち着いて入ります。

f:id:masakisnow:20170517184123j:image

その後はいよいよ登山道なのですが、まずは石畳が続きます。

f:id:masakisnow:20170517184211j:image

雨で濡れた石畳はやっかい…

f:id:masakisnow:20170517184322j:image

石畳の登りを抜けると、ここから阿蘇の雄大な景色を味わえる牧野を走ることになります。

f:id:masakisnow:20170517184427j:image

この景色は阿蘇だから見ることのできる景色ですね。本当に絶景!

f:id:masakisnow:20170517184542j:image

道中、地震の影響で崩壊したであろう登山道をいくつも通りました。

最初のウォーターステーションまでは18.7km。この頃には陽もかなり高くなり、気温が上昇してきました。

f:id:masakisnow:20170517184849j:image

ウォーターステーションを過ぎると、次は1つ目のエイドステーションのはな阿蘇美に到着。

ここでは妻のお母さん、叔父さん、叔母さん、従姉妹が応援に駆けつけてくれて、私設エイドを展開してくれました!そう、義母は南阿蘇の生まれで、親戚もみんな南阿蘇と言う、なんだかホームを走ってる感じがしました。

f:id:masakisnow:20170518083350j:image

 

このエイドを過ぎるといよいよコースは大観峰を目指します。

f:id:masakisnow:20170518083517j:image

f:id:masakisnow:20170518083540j:image

f:id:masakisnow:20170518083604j:image

待ち構えていたのは大観峰を一気に登る急登。

そして…

f:id:masakisnow:20170518083929j:image

目の前に広がるカルデラ阿蘇五岳の絶景!!

観光で来て見た時も感動しましたが、下から自分の脚で登ってきて見た景色は、また格別!

f:id:masakisnow:20170518084142j:image

ここからしばらくは気持ちの良い牧野をひた走ります。

f:id:masakisnow:20170518084423j:image

しばらく行くと、2つ目のエイドステーション古城6区公民館に到着。この頃には気温はかなり高くなっていて、エイドにあるホースで水を頭から被り冷却。

f:id:masakisnow:20170518084638j:image

義母にもらったかしわ飯のおにぎりが美味しかった!!

休憩もほどほどにしてエイドを出発。ここまでほぼ自分の予定したタイムシート通り。

何と言っても牧野を走るのが気持ち良い!

f:id:masakisnow:20170518085007j:image

f:id:masakisnow:20170518085026j:image

f:id:masakisnow:20170518085054j:image

阿蘇の雄大な自然を感じながらコースは後半戦へと続いていきます。

 

vol.3へつづく