灼熱絶景!阿蘇ラウンドトレイル2018 vol.2

f:id:masakisnow:20180516084337j:image

熊本を満喫し、夜22時に就寝。

今回はスタートが前回の阿蘇西小学校から大阿蘇環境センター未来館になりました。で、レンタカーは阿蘇ファームランドへ停めないの行けないので、朝は3:30に起床し、支度と朝ごはんを済ませファームランドへ(車で20分くらい)。そこからシャトルバスに乗り換えて、スタート会場の大阿蘇環境センター未来館へ(約15分)。

会場には5:30頃到着。手荷物預けの締め切りは6:25なのでゆっくりレースへ向かう気持ちを整えることができました。

f:id:masakisnow:20180516084937j:image

スタート前に会場にはくまもんが来てくれて、くまもん体操を踊っていました!

 

7:00 いよいよスタート!!

f:id:masakisnow:20180516085041j:image

f:id:masakisnow:20180517085011j:image

109kmの長い旅が始まりました!!

朝から快晴で、さすがに5時6時くらいは寒かったですが、スタートの7時にはノースリーブでも問題なし!

コースはスタートしてしばらくはロードですが、すぐに石畳の登りに入ります。

f:id:masakisnow:20180516085233j:image

今回は4月に毎週山に行けたこと、怪我もなかった、体重を4kg落としたことで快調に登って行けます。

が、朝7時の時点で暑い!!

ここからドロップバッグのある高森体育館まではほぼ牧野とロード。そう、炎天下の灼熱トレイルの始まりでした。

f:id:masakisnow:20180517085214j:image

しかし、阿蘇の景色は壮大です。

去年も同じ場所を走っていますが、やっぱりここは最高!!

f:id:masakisnow:20180517085302j:image

かなり順調に進んで行き、エイドステーション1のはな阿蘇美には当初の予定よりもかなり早く到着!

今年も妻の実家の家族が応援に来てくれました!!

f:id:masakisnow:20180517085453j:image

身近な人たちが応援してくれているとホーム感が出て、俄然やる気になります!

f:id:masakisnow:20180517090123j:image

だご汁うまーーー

さぁ、はな阿蘇美を出ると前半のメインパートの大観峰登りとなります。

f:id:masakisnow:20180517085621j:image

f:id:masakisnow:20180517085637j:image

壁のような断崖を登っていきます!

f:id:masakisnow:20180517085935j:image

登り切ると雄大阿蘇山を右手に見つつ、気持ち良く走れる牧野が広がっています。

それにしても日陰ないでしょ?暑い…

そうこしているうちに国造神社エイドに到着。

f:id:masakisnow:20180517090058j:image

頭から水を被って、水をガブ飲みして、エイドのイチゴ、バナナ、オレンジもたくさん食べました!

それと高菜おにぎりも美味しかったな!

しかし、このあたりから水分不足、マグネシウム不足で足が攣り始めていて、なかなかペースを上げることができずにいました。なので、積極的に水分を取り、塩分を摂取してなんとか乗り切ろうと試行錯誤。

50キロ地点にはすずらん公園休憩所エイドがありますが、このエイドに着く前に、喉の渇きからようやくみつけた自販機でアクエリアスを買い、ガブ飲みしました。そのくらい暑さとの戦いがありました。

f:id:masakisnow:20180517090759j:image

すずらん公園休憩所エイドでは去年と同じく、蕎麦を食べることができました!蕎麦つゆの出汁と塩分が沁みました!!

ここでも頭から水浴び!腕も脚も冷やします。

50キロ地点でタイムは去年よりも1時間も早く到着することができました。

さぁ、次はドロップバッグのある高森町町民体育館です。この区間も最高な景色が見ることができました!

f:id:masakisnow:20180517091113j:image

根子岳をバックに!

f:id:masakisnow:20180517091137j:image

空の青と山の緑が感動するくらい美しいです。

ここでは途中から女性ランナーさんとおしゃべりをしながら並走させていただき、一人だと歩くであろうロード区間も頑張って走ることができました。

かくして前半ご褒美区間は終わりを告げ、修行の後半パートへの入り口、高森町町民体育館へ到着するのでした。

 

vol.3へつづく

Instagram