驚異のスーパードリンク MAURTEN(モルテン)

さて、100km超のランニング大会を考えた時に補給計画はとにかく重要になります。トレイルランニングだとエイドとエイドの感覚が10km〜15km、長いと20km以上があたりまえなので、ことさら補給計画は重要になります。

 

先日のART(阿蘇ラウンドトレイル)では今話題のスーパードリンクMAURTEN(モルテン)を投入しました!

f:id:masakisnow:20180606114646j:image

MAURTENの詳細は下記を見てください。

スポーツドリンクの革命 - 持久力系スポーツのための高濃度炭水化物飲料|Maurten - モルテン

ラソン選手ではキプチョゲやキプサング、サッカーではレアルマドリーなど、多くのプロスポーツ選手が使用しています。

 

さて、このMAURTEN何が凄いのか、簡単に言うと!(あくまで感覚的にわかりやすく書きます)

500mlの水に対して、1袋を溶かして使用するのですが、DRINK MIX320の場合、80gの炭水化物が摂取できます。この炭水化物、スポーツをする上で重要なエネルギーになりますよね。MAURTENは水分補給と同時にエネルギー補給ができるのです。

そして通常のジェルだと、例えばアスリチューンは1個で炭水化物は8.0gです。と言うことは10個分に相当するわけです。

これまで水分、ジェル別々に考えていたのが、このMAURTENを持つだけでいいんです。なので、ジェル10個相当をMAURTEN1袋500mlに置き換えることができます。

 

阿蘇までの練習で事前に2回テストをしました。

初めてMAURTENを使った時は約25kmのトレイルで行動時間約4時間半、補給したのはMAURTEN500mlと麦茶500ml、それと予備的に持っていたアミノバイタル アミノショット1個。これだけでお腹も空くことなく山を走ることができました。

2回目のテストは箱根外輪山50km。スタート時にMAURTEN2袋で1.0L持ってスタート。500mlあたり約4時間〜5時間エネルギーが持つ計算で10時間近くMAURTENのみで活動できました。

この2回のテストで、阿蘇ではドロップバッグまでの66kmをモルテン1.0Lで補給はエイドメインで考え、後半の40kmはモルテン1.0Lを摂りつつ、ある程度の補給食を自分でも持つようにと考えました。

 

と言うことで、実際阿蘇でどうだったのかは次回のブログで書きたいと思います。

では!

Instagram